• トップページ
  • 離婚問題でお悩みの方へ
  • 解決事例
  • Q&A
  • ご相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • アクセス

不貞行為をしていた夫に慰謝料を請求し、相場より高い300万円の慰謝料を獲得して離婚した事例

事例紹介

依頼者:妻 40歳台(専業主婦)
相手方:夫 40歳台(大手会社勤務)
子:長女、長男、二男(未成熟子)

 夫が単身赴任先で勤務先の女性と不貞に及んでいた。妻(依頼者)が一度その現場をたまたま目撃したことはあったが、その時の写真を残していたわけではなく、夫は不貞行為の事実を争った。  妻としては、慰謝料や有利な条件の財産分与(居住用不動産の取得)を希望した。

当事務所の活動

 受任後、すぐに夫(相手方)に対して内容証明郵便を送付し、交渉に入った。当事務所は、妻(依頼者)の要望を伝えるとともに、断固として中途半端な和解はしない旨を伝えた。そうしたところ、相手方は不貞の事実を認め、居住用不動産を妻名義にすること、慰謝料300万円を支払うことに応じた。

解決の内容

 離婚の成立、財産分与として居住用不動産の取得、慰謝料300万円

解決のポイント

 交渉の際、裁判になった場合の妻側(依頼者)の立証計画等を夫に伝えたことにより、夫の気持ちを軟化させることができたことがポイントと思われる。

女性の最新記事

慰謝料の最新記事

離婚・慰謝料・財産分与の無料相談

離婚・男女トラブルに関するご相談メニュー

PAGE TOP