• トップページ
  • 離婚問題でお悩みの方へ
  • 解決事例
  • Q&A
  • ご相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • アクセス

有責配偶者からの離婚請求で、弁護士が交渉を調整し、離婚を成立させた事例

事例紹介

依頼者:妻 20歳台(専業主婦)
相手方:夫 30歳台(会社員)
子:長女、二女(未成熟子)

 依頼者である妻の不貞行為により、離婚の話となったが、夫の本心は別れたくないということであった。しかしながら、そのようなやりとりの中で、妻(依頼者)のほうが離婚したいと思うようになった。

当事務所の活動

 相手方にも弁護士が就いたことから、弁護士と交渉を重ねることになった。当方が有責配偶者であったため、調停裁判という手続きに躊躇する事案でもあったことから、任意の話し合いを継続するという方針で交渉にあたった。

 そして、その交渉の過程において、夫と妻が直接面談する機会があれば話が進みそうな気配があったので、当方より、両代理人同席のもと夫婦が直接面談する機会を設けてほしい旨を打診し、そのような機会を持つことができた。

 夫は、その場で離婚に合意し、その日のうちに離婚届を提出することができた。

解決の内容

 離婚の成立。相手方からの慰謝料請求はなし。

解決のポイント

 直接面談の機会を持つことができたのが解決のポイントと思われる。

協議・交渉の最新記事

女性の最新記事

離婚・慰謝料・財産分与の無料相談

離婚・男女トラブルに関するご相談メニュー

PAGE TOP