• トップページ
  • 離婚問題でお悩みの方へ
  • 解決事例
  • Q&A
  • ご相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • アクセス

依頼者に落ち度がないことを丁寧に説明し、慰謝料なしの円満離婚が成立した事例

事例の概要

依頼者:夫 30歳台 会社員
相手方:妻 30歳台 無職

 依頼者と相手方(妻)は、入籍はしていたものの、結婚当初から妻が同居を拒否し、その後、妻は離婚をしたいと申し出るとともに、自分は騙されて入籍したと主張し、夫に対して慰謝料を請求してきた。

当事務所の活動

 相手方である妻に対して、内容証明郵便を送付し、離婚手続きを円満に進めたいこと、及び、依頼者(夫)に何らの落ち度もないことを丁寧に説明した。そうしたところ、相手方にも弁護士がつき、代理人間で協議を続けることとなった。

解決の内容

 依頼者(夫)から相手方(妻)への慰謝料なしの円満な離婚が成立した。

解決のポイント

 相手方代理人に対して、依頼者(夫)に落ち度がないことを丁寧に説明し、相手方代理人がこちらの主張を理解してくれたことがこの結果を導いたものと考えられる。

協議・交渉の最新記事

男性の最新記事

離婚・慰謝料・財産分与の無料相談

離婚・男女トラブルに関するご相談メニュー

PAGE TOP