• トップページ
  • 離婚問題でお悩みの方へ
  • 解決事例
  • Q&A
  • ご相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • アクセス

強気な交渉により、慰謝料の支払いを300万円から50万円に減額できた事例

事案の概要

依頼者:30歳台 女性 無職
相手方:40歳台 女性 専業主婦

 依頼者はある男性と約2年にわたって付き合っていたが、後になって実はその男性が相手方の夫であり既婚者であることが発覚した。その後、二人の関係を知った相手方から依頼者に対して慰謝料請求がなされた。

当事務所の活動

 相手方の夫が既婚者であることを知らなかったこと、相手方とその男性の婚姻関係が既に破綻していることを主張し、慰謝料の減額を求めた。

解決の内容

 当初、慰謝料の請求額は300万円であったが、最終的には慰謝料50万円での和解となった。

解決のポイント

 相手方に対して依頼者に大きな落ち度がなかったことを丁寧に主張するとともに、裁判になってもこの主張を貫く旨の説明を行ったところ、相手方も裁判にすることに躊躇したのか減額に応じてくれた。裁判もじさないとの態度を明確に出したことが減額につながったものと思われる。

女性の最新記事

慰謝料の最新記事

離婚・慰謝料・財産分与の無料相談

離婚・男女トラブルに関するご相談メニュー

PAGE TOP