• トップページ
  • 離婚問題でお悩みの方へ
  • 解決事例
  • Q&A
  • ご相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • アクセス

条件交渉により、婚姻関係を継続しながら、早期に解決ができた慰謝料請求の事例

事案の概要

依頼者:妻  50歳台 専業主婦
相手方:女性 50歳台 パート

 依頼者の夫と相手方が不倫関係となった。依頼者である妻は結婚の継続を望んでいたため、夫と相手方の関係を終了させることを主たる目的とし、相手方に慰謝料請求を行った事案。

当事務所の活動

 相手方に対して内容証明郵便を送付し、慰謝料を請求するとともに、今後は依頼者の夫と会わないと約束してくれた場合は慰謝料の相当額の減額に応じる旨を伝えた。

解決の内容

 相手方にも代理人がついたが、その交渉のなかで、こちらの要望のとおり、和解書に、今後接触した場合は違約金を支払う内容の条項を入れるとともに、一定額の慰謝料を獲得した。

解決のポイント

 会わないことを条件に慰謝料の減額に応じるつもりがあることを早い段階で伝えたことが早期の解決を導いたものと思われる。本件については、依頼者である妻の婚姻を継続したいとの強い要望に配慮した形での事件処理であった。

女性の最新記事

慰謝料の最新記事

離婚・慰謝料・財産分与の無料相談

離婚・男女トラブルに関するご相談メニュー

PAGE TOP