• トップページ
  • 離婚問題でお悩みの方へ
  • 解決事例
  • Q&A
  • ご相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • アクセス

不倫慰謝料の請求額を大幅に減額させた事案

【事案の概要】

依頼者:夫 30代 会社員
妻 30代 専業主婦
実子2人
  
夫が不倫をしたことがきっかけで夫婦仲がギクシャクするようになり別居した。夫は元プロスポーツ選手であり、妻は常々夫の不倫を疑っていた。そのため、離婚にあたって妻からは1000万円という高額の慰謝料請求がなされた。

【当事務所の活動】

夫は、別居の原因となった不倫自体は認めていた。そこで、妻に対し、別居の原因となった不倫自体の非を全面的に認め、改めて謝罪するとともに、妻が疑っているそのほかの不倫関係は明確に否定した。同時に、別居の原因となった不倫に関しては、相応の慰謝料は支払うことを早期に伝え、財産分与も早期に資料を提示し、2分の1の分与額を提案した。

【解決の内容】

上記交渉の結果、妻の慰謝料請求額は大幅に減額され、慰謝料としては金200万円を支払うことで話し合いが成立し、早期に離婚成立となった。

【解決のポイント】

不倫をした側からの離婚請求は通常認められず、基本的には配偶者に離婚について納得をしてもらう以外に離婚を成立させる方法がない。そのため、配偶者に離婚することについて、いかに納得をしてもらうかが重要である。時には、事実をきちんと伝え、自分の非のあるところはきちんと認め謝罪するという誠意ある態度を示すことが離婚交渉を大きく前進させるきっかけとなることも多くある。

慰謝料の最新記事

男性の最新記事

離婚・慰謝料・財産分与の無料相談

離婚・男女トラブルに関するご相談メニュー

PAGE TOP