• トップページ
  • 離婚問題でお悩みの方へ
  • 解決事例
  • Q&A
  • ご相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • アクセス

夜に密室に二人でいたら、不貞になりますか。

Answer

夜に密室に二人でいるだけであれば、不貞にはあたりませんが、誤解を招く行動は注意すべきです。

Point

不貞とは、判例上「配偶者のある者が自由な意思にもとづいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶこと」と定義されています。この「性的関係」とは、性交渉をいいます。

したがって、例えば、会社の会議室や飲食店の個室などの密室に夜に二人でいるだけであれば、不貞にはあたりません。

ただ、密室が、ラブホテルや相手方の自宅などである場合には、当然話はかわります。二人でいただけで性交渉はなかったと主張しても、当事者にはもちろん、裁判所にもなかなか信じてはもらえません。離婚や慰謝料の裁判においても、ラブホテルや相手方の自宅に出入りする姿を撮られた写真が証拠として提出されることがあります。この場合、性交渉があったことが直接に立証されるわけではありませんが、性交渉が行われているであろうことが予測されることから、通常は不貞があったものと認定されるでしょう。

よくあるご質問の最新記事

離婚・慰謝料・財産分与の無料相談

離婚・男女トラブルに関するご相談メニュー

PAGE TOP