• トップページ
  • 離婚問題でお悩みの方へ
  • 解決事例
  • Q&A
  • ご相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • アクセス

夫の浮気相手について、携帯電話番号はわかりましたが、住所がわかりません。どうしたらよいですか。

Answer

弁護士法23条の2に基づく照会(以下「弁護士照会」といいます。)を使うことで、携帯電話番号から住所を調べることができる場合があります。

Point

不貞相手の住所がわからないと、内容証明郵便の送付や慰謝料請求訴訟の提起すらできません。

ここで、不貞相手の携帯電話番号がわかっている場合には、弁護士照会を使うことによって、当該携帯電話の契約者の住所・氏名、請求書送付先の住所を調べることができます。この手続きで、直接不貞相手の住所が判明しなかったとしても(例えば、不貞相手の親が携帯電話の契約者であるような場合)、弁護士であれば「戸籍や住民票の職務上請求」をすることで、不貞相手の現住所までたどれる場合があります。

メールアドレスが判明している場合も、メールアドレスから携帯電話番号を調べ、上記の手順で不貞相手の住所をたどれる可能性があります。

不貞相手の名前のほか、以前住んでいた住所、実家、携帯電話番号、メールアドレスなどがわかれば、不貞相手の現住所にたどり着くことができる場合があります。

なお、不貞相手の勤務先がわかっている場合は、慰謝料請求訴訟に関しては、相手方の勤務先を訴状の送付先として、訴訟を提起することができます。

不貞相手の住所がわからないとしても、あきらめずに、是非一度ご相談ください。

よくあるご質問の最新記事

離婚・慰謝料・財産分与の無料相談

離婚・男女トラブルに関するご相談メニュー

PAGE TOP