• トップページ
  • 離婚問題でお悩みの方へ
  • 解決事例
  • Q&A
  • ご相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • アクセス

離婚歴を戸籍に記載しないでもらう方法はありますか。

Answer

離婚歴を戸籍から消してしまうことはできません。
但し、転籍や分籍を活用することで、現在の戸籍に離婚歴を記載させない方法はあります。

Point

婚姻によって妻が夫の戸籍に入籍した場合、妻は離婚に伴って、新しい戸籍を作るか、婚姻前に入っていた親の戸籍に戻るかを選択します。どちらを選択しても、離婚歴は記載されます。

但し、他の市区町村へ戸籍(本籍)を移した場合(「転籍」といいます)に、は、転籍地の戸籍には離婚歴は引き継がれません。

また、一旦、親の戸籍に戻った後に、親の戸籍から出て、新たに自身を筆頭者とする戸籍を作った場合(分籍といいます)にも、離婚歴は新しい戸籍には引き継がれません。

もっとも、転籍や分籍をしても、現在の戸籍に離婚歴が記載されないだけで、離婚歴が消えてしまうわけではありません。原戸籍(改製される前の戸籍)や除籍謄本(戸籍内の全員が除籍されたり転籍したりして、戸籍簿から除籍簿に移された謄本)には離婚歴が残ります。例えば、相続の際には出生まで戸籍をたどらなければならず、原戸籍が必要になりますので、注意が必要です。

よくあるご質問の最新記事

離婚・慰謝料・財産分与の無料相談

離婚・男女トラブルに関するご相談メニュー

PAGE TOP