• トップページ
  • 離婚問題でお悩みの方へ
  • 解決事例
  • Q&A
  • ご相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • アクセス

会社の飲み会で同僚の女性と浮気をしてしまい、妻にばれてしまいました。たった一度の過ちでも不貞になりますか。

Answer

 たった一度の過ちでも不貞になるのが原則です。

Point

 不貞とは、判例上「配偶者のある者が自由な意思にもとづいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶこと」と定義され、「性的関係」とは、性交渉をいいます。性的関係(性交渉)が一時的なものか、継続的なものかは問われておらず、たとえ1回かぎりの関係であっても不貞が成立すると解されています。

 したがって、たった一度の過ちでも不貞になるのが原則です。

 古い判例ではありますが、約2か月妻以外の女性と性的関係のあった夫の行為について、期間も短く一時の気の迷いとも考えられるとして不貞を認めなかった事案もありますが(名古屋地判S26.6.27)、これは極めて例外的なケースです。この判決も本来であれば、不貞として離婚原因には該当するものの、民法770条2項に基づいて「一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めた」と判断すべきであったと思われます。やはり1回限りの関係でも不貞にあたると考えるべきです。

 当事務所では、有責配偶者の方のご相談も多数お受けしております。離婚についてお悩みの方は一度当事務所にご相談ください。

よくあるご質問の最新記事

離婚・慰謝料・財産分与の無料相談

離婚・男女トラブルに関するご相談メニュー

PAGE TOP